violet7688旅のこと

旅のこと時々映画のこと

『チームラボ ボーダレス@麻布台ヒルズ』teamLab★Borderless@Azabudai-hills

その名を「teamLab」という通り、特定のアーチストを看板にするのでなく、芸術家(または技術者)集団を意味する。代表は猪子寿之氏。

teamLab Borderless: MORI Building DIGITAL ART MUSEUM
Tokyo, Minato City, Azabudai, 1 Chome−2−4 ヒルズ ガーデンプラザ B B1

2024年2月に常設オープンした、チームラボ ボーダレス。この空中に浮かんでいるような文字も、実は壁にかかれているもので、奥に行くともはや文字とは思えない。ボーダレスと言う通り、境界のない世界。そこに没入する世界。静止画では表現しきれないけれど、作品は全て動いているのだ。

入場と同時に迎い入れてくれるのは、花花花。花は人と共に移動する。人がいると蝶が生まれる。花も蝶も移動して、別の部屋に入りこんでいく。

おそらく施設の中心近くにあると思われる、丘のある部屋。ここも景色が刻々と変化する。次に訪れたときは別の景色。施設の中は軽く迷路状態。迷いながら散策する。

謎の生物、人・兎・カエルが、阿波踊りを踊りながら行進する。

空中に光る球体が浮遊する部屋。壁も床も天井も鏡張りになっているので、球体に囲まれて人が存在する不思議な空間。球体は刻々色を変えて行く。

EN TEA HOUSE 施設の中に設けられた茶室。何種類かのお茶とアイスクリームがメニュー。こちらは入口の水出し茶器。

EN TEA HOUSE 内部の様子。おそらくなのだが、お茶の暖かさを感知して、そこに花が咲き、アイスクリームの冷たさを感知して、そこに枝葉が生える。意地悪して茶器を移動すると、そこに再び花が咲き、元の場所の花は散ってしまう。

天井と床が鏡張りなので、合わせ鏡の要領で永遠に深く落ちてゆく床。
この施設は鏡張りの床を多用している。「スカートの中が写りこみます」の注意書きが入り口に。実際盗撮の報告がSNSに流れているので、ご存じの方も多いかと。

部屋中にびっしり吊るされたLED電球。これが光って雨になったり雷になったり夕陽になったりする。全体を見るとそんな自然の出来事に呑まれた感じがするのだが、ひとつひとつの素材はこんな状態。これらを一斉に制御する技術はいかなるものなのか。

描いた魚が実際に部屋の中を泳ぐ。お絵描きコーナーとアートの部屋が併設された場所。ちなみにこの写真の下半分は、床の鏡に映った状態。

膨大な数の光源が並び、光は直線の筈なのに曲線の光に吸い込まれる感覚を味わえる部屋。いくつもの作品が繰り返され、約45分で一周するらしい。光のトンネルの他、触ると散ってしまう光もやってくる。

光のトンネルは神々しさを感じる。自分の最期の時には、この光のトンネルをくぐらせてほしいと思った。あとに添付するが、成田悠輔氏が「宗教出来ます」発言をしていたが、全くその通り。猪子寿之氏(teamLab代表)「信仰しても大丈夫ですよ」、成田悠輔氏「既に信仰してます」。静止画では伝わらないので、添付の動画も見てほしい。動画でも伝わらないので、実物を肉眼で見てほしい。

たまには本人登場。見事に埋もれた!

都心開催にもかかわらず、海外からのお客さんの方が多い印象。英語・スペイン語・中国語だけでなく、どこの言語なのか分からない言葉も混ざっていた。teamLabは、日本国内より海外での評価が先で、海外(最初はシンガポール)で認知されてから、日本に逆輸入された経緯があるそうだ。変化や新しいものに抵抗を示しがちな日本人。その閉鎖性が優秀な頭脳を沈没させないことを願う。

www.youtube.com

さて麻布台ヒルズの次は、六本木ヒルズ森タワーへ。展望台(Tokyo City View)に行きました。

東京タワーが良く見える。Tokyo City View

R246方面の夜景。Tokyo City View

最後は、六本木さくら坂をチラ見。

東京一極集中と批判もあるが、文化や経済の中心を担う東京の個性が際立つのは事実。円安(本日のところ、1ドル152円、1ユーロ164円)に見られるようにも、日本経済は陰り気味。しかし、日本を牽引する首都東京の存在感は薄れていないと思う。バブルを象徴する街・六本木が、今もなお文化の発信地であることを大切に思いたい。

ドレスコード

旅行先で舞台を見たりコンサートを見たりするのが好きだ。とにかく自分ができないことをやってる人を見るのが好きだ。

メキシコシティ Palacio de Bellas Artes

オーストラリア シドニー オペラハウス

トルコ イスタンブール Ataturk Cultural Center

スペイン バルセロナ カタルーニャ音楽堂

ニューヨーク アンバサダーシアター CHICAGO the Musical

言葉が分からなくても感動できる。舞台は素晴らしい。

さて厳格なドレスコードがなくても、ジーンズにシャツではちょっとという劇場に行くときのために、これを使う。ユニクロ・エアリズム・ワイドパンツ。女子向き。

ユニクロ エアリズム ワイドパンツ

小さく丸めて突っ込んでおける。着用前に広げておけばOK。ガツガツ洗濯できる。すぐ乾く。その割にドレッシーな印象。劇場の暗闇に入ってしまえば、ポリエステルもシルクも見分けつかないさ。誰が何を着てても誰も気にしない、個人の自由が当たり前の場所が多いけど、劇場で最前列に近い場所に座るときは、多少気にしておいた方が堂々とできる。何となく加減が分かってきた。

旅の衣服は、軽い・丈夫・洗濯簡単・すぐ乾くが鉄則。結果、スポーツウエアとユニクロが多くなる必然よ。サステナブルであるかどうか議論はあるが、化学繊維の機能には大変お世話になっている。技術の進歩は旅を楽にしてくれる。

舞台を見に行き席に着く「ああ日本人」

2023年11月イスタンブールに旅した。そこは本当に楽しい場所でした。

イスタンブール ユスキュダル Kuzguncuk Evleri

イスタンブールで「アナトリアの火」という舞台を見に行った。「アナトリアの火」は、古代史を含むトルコのさまざまな地域の物語だそうだ。 非常にエネルギッシュな舞台である。

アナトリアの火」klookさんより画像拝借

座席を探して会場に入りました。案内の人がチケットを見て席を教えてくれました。結構前の方で良い席。ただ列の手前に既に別のグループが座っていたので、自分は列の反対側から席に着こうと思った。「I enter from the other side(反対側から入ります)」。これが伝わらなかった。たぶんこの土地では、すでに席についている人がいても自分にとっての最短距離で進む方が常識なのだ。「あなたはそちらではない」という趣旨のことを言って引き留めようとしたけど、「問題ないオッケー」と答えて反対側に回った。案内人に私の意思は伝わっただろうか。

郷に入ったら郷に従うべきだったかな。問題ない。自分は日本人だ。大丈夫、待つのが嫌なときは自己主張できるようになったから。全力アピールしないと伝わらないことは多い。空気読む能力は日本人が世界一。でもそれが通用するのは日本国内だけかも。

日系航空会社「ああ日本人」メキシコシティの空港で

2020年1月、メキシコシティに旅をしました。航行距離が長いこと、メキシコシティが高地であることなどから、ANAのチャレンジ路線と言われていると知り、興味が出たのだ。

ボーイング 787-8 NRT-MEX便
169席(ビジネス46席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー102席)

成田国際空港(NRT)からメキシコシティ国際空港(MEX)までの飛行距離は約11,300km。これはANA史上最長の路線で、チャレンジ路線と言われる理由の一つである。また、メキシコシティ空港の標高は2240m。高地にあるため空気が20%ほど薄いそうだ。着陸するときは平地より減速が難しい。離陸するときは加速しづらい。そのため離陸は深夜、少しでも気温が下がり空気が濃くなるのを待つそうだ。使用機材はBoeing787-8。離着陸が難しい上、航行距離の関係で燃料を多く積まなければならない。通常なら定員240名ほどの機材に、169名しか搭乗できない。うぉ~ワクワク。

メキシコシティ ソカロ

メキシコシティは、人が明るく街中アートがいっぱいな反面、犯罪率は日本より高い。渡航には緊張を伴った。実際商店やホテルの入口には黒服の用心棒が常駐している。警察官は軍隊かと思われる重装備である。ゴツい体躯の上に防弾チョッキを身に着け、益々マッチョになっている。携えるのはマシンガンである。

Palacio de Bellas Artes メキシコシティ

舞台を見たあとホテルに戻るのは深夜になる。撃たれるのか?刺されるのか?誘拐されるのか?と恐れたけれど、それらはいずれも起こらなかった。楽しそうにそぞろ歩く観光客もいる。おそらくその地域は、治安に問題はなかったのだろう。

旅の期間は無事に終わった。怖い目には一度も遭わなかった。楽しかった。

強そうだ Museo Nacional de Antropología

帰り。深夜メキシコシティ発の便を待っていたところ、颯爽とANAのクルーがやってきた。礼儀正しく隊列を組んで通ったあと、ウエイティングエリアの客に向かって、揃って一礼した。45度の角度で数秒維持するやつ。大勢の客のほとんどはクルーに気づいてもいない。それでも45度の角度で数秒維持するやつ。不覚にも涙が出た「ああ日本人」。こんなに楽しいメキシコ旅行だったのに、自分は気づかぬうちに緊張していたのだ。

旅行の時は移動中も雰囲気に浸れるよう、渡航先に本拠地を持つエアを使うようにしている。しかし今回のANAのエピソードは自分にとって素晴らしい経験だった。多くの場所を訪ね、多くの経験をしたい。その一方で日本人としてのアイデンティティと言うものを失っちゃいけないと思ったのでした。

ベトナム航空(飛行機の航行速度の件)

Exciting Saigon / ホーチミンベトナム

2003年2月、ベトナムに行ったときのことです。ベトナム航空でホーチミン空港 Tan Son Nhat International Airport に到着しました。到着早々気分を上げたのは、乗務員が乗客に混ざって到着ロビーに現れたこと。そして機長が若かったこと。機長は制服の袖と肩に4本線が入っています。その便の機長は少々ワル男風、30代前半と思しき人でした。上着は来ておらず、ズボンは若干腰穿き、長身を揺らしながらオレオレ風に歩いていました。イヤーカッコいい。ベトナムのフラッグシップでキャプテンを任される、きっと大変なエリートなんでしょう。

ベトナム航空 Boeing 787

さて、この旅の帰路は、ハノイ発羽田行き。飛行機の航行速度についての考察はここから始まります。ハノイ⇒東京の航空機はとんでもなく巡航速度が速いのです。行き(成田⇒ホーチミン)が6時間ちょいかかったのに、ハノイ⇒羽田は正味4時間。単にハノイホーチミン間の距離だけでは説明できません。そして機内のモニターで飛行状況を見ていると、対地速度がどんどん上昇し、約1100km/Hに。え?音速に近づいてる、飛ばし過ぎじゃ?空中分解するのでは?ベトナム航空のキャプテンはイケイケなのでぶっ飛ばすのだろうか???機内でドキドキしてしまったのでした。

もちろんこれは偏西風の影響。そしてここで、対地速度と対空速度の違いを理解しなければならないのです。対地速度は陸地に対しての巡航速度、対空速度は実際に航空機が飛んでいる場所の空気に対する速度です。航空機の速度は、対空速度でコントロールされます。

一般的に民間のジェット旅客機は、音速の85%位の速度で飛行します。音速に達すると衝撃波が発生し、騒音が爆上がりするほか機体の損傷にもつながります。音速の85%であっても主翼の周辺では音速に達するほどの気流が発生します。だからこの速度が旅客機の実用として上限となります。

では音速はどのくらいの早さか。一般的には常温常圧で秒速340m、時速1224kmとされています。音速は温度によって変化します。航空機の巡航高度10,000mで仮に外気温がマイナス50℃とすると、音速は秒速300m、時速1080kmとなります。この85%は918km/Hとなり、無風状態では対地速度と対空速度は同じになるので、航空機の対地速度はほぼこの通りとなります。

どうも自分が旅した時期、ベトナムと日本の間の偏西風は特に強いらしい。仮に搭乗した日に時速200kmの偏西風がふいていたとすれば、これに乗った航空機の対地速度が時速1100kmになるのは当たりなのだ。この時航空機の対空速度は時速900kmで、特に速度超過ではない。

と言うようなことを突然思いつき、仕事中でも妄想したりするので、日ごろから気が散って仕方ない。答えが出て良かった。ベトナム航空の機長は安全運航を遵守するエリートだ。間違いない。

乗物大好きの自分は、色々な場所に行きたいし色々な乗物を試したい。そしてそれらを操縦する人をいつも尊敬している。飛行機、船、列車、バス(狭路を巧みに移動する大型バスの運転は見事だ)。自分に出来ないことを出来る能力のある人、それに簡単に触れるためには、乗物に乗って旅をすればよい。さて、次は何処に行こう?

 

八丈島 2024年2月

八丈島に行ってきました。滞在中ずっと雨で、暴風雨にて東海汽船が欠航する日も。でもしっかり楽しめました。

羽田出発。雲に映った機影がキレイだったので。

到着。ドン曇りってか、すごい雨。

今回の相棒はこちら。

雨の時は温泉。前回臨時休業中で入れなかった「洞輪沢温泉」へ。

「洞輪沢温泉」少し黒いお湯で、温度は39℃くらい。長く入っていられる良いお湯。海のキワキワに湧出しているのにしょっぱくない。

続いて「みはらしの湯」。41℃くらいか。露天からの展望が素晴らしい。海が一望できる。

「むらた」3379-4 Nakanogo, 八丈島八丈町 お魚フライ定食。美味。

玉石づくりの墓地、中之郷墓地。

えこ・あぐりまーと 農産物直売所。売店の他、温室も。

むかしのとみじろう(カフェ) 八丈島八丈町樫立2084

むかしのとみじろう(カフェ)入ってびっくりした。店の壁全面に、漫画や本がびっしり。なんと有名店のようだ。コーヒーを一杯頂き、アルセーヌ・ルパンを一冊読んできた。

服部屋敷跡。午前10時から出し物があるようだが、その時間には間に合わなかった。

今回の宿泊先「銀河荘」。国籍不明のアジアンテイスト。

「銀河荘」ウッドデッキがすてき。運が良ければここから鯨が見えるそうだ。

「銀河荘」部屋の様子。

「銀河荘」浴室の様子。お風呂・トイレ・キッチン共用です。

 「魚八亭」八丈島八丈町三根198-1 美味い! 朝定食が食べられる貴重なお店。

この日は風雨が強く、八重根港に接岸した東海汽船も揺れてる始末。

「裏見ヶ滝温泉」この階段を下ると温泉がある。混浴で水着が必要。

「足湯きらめき」

「足湯きらめき」とても良いお湯なのだが、雨がふきこんでベンチがびしょびしょ。大変眺めが良くて海が一望できる。運が良ければここから鯨が見えるそうだ。

「やすらぎの湯」41℃くらいだったか、内風呂だけであるが窓を開けると海が見える。

「ジャージーカフェ」 八丈島 大賀郷2370-1。
スーパーあさぬまの隣と言うか、駐車場の中。

「ジャージーカフェ」ホットミルクと明日葉のケーキ。

八丈島ビワ温圧療法指導所」八丈町大賀郷2439。たぶん電気灸だと思う、熱いのを皮膚に当てると当然熱いのだが、病気の部位に当てても熱さを感じない(もしくは熱さを感じるのに時間がかかる)。肩の痛みとか、腰痛とか、そのほかの病気色々効果があるらしい。本当に効くので驚いてしまう。八丈島観光協会のHPに載ってる。

「ふれあいの湯」40℃くらいのにごり湯。露天もあります。
町営浴場の中で一番賑やかかなぁ。

「浜源」八丈町大賀郷2445 土砂降りの中たどりついた。

「浜源」ロースかつ定食。美味い!奥のコロッケは謎におまけしてくれた。美味い!大満足の夕飯になりました。

このあと風雨は強まり、早々に宿に帰投。嵐の音を聞きながら熟睡したのでした。

最終日の朝食。スーパーで購入したパンを、宿のキッチンで温めた。コーヒーも自前。この宿は自分好みの食器がたくさん置いてあり、その時の気分で使わせてもらった。

天気は回復傾向、宿のウッドデッキから。帰り便が欠航になるかもしれないメッセージが届いていたが、これなら飛行機は飛ぶでしょう。ちなみにこの日の東海汽船は欠航だった。

八丈小島も見えてきました。

南原千畳敷からクジラが見えた!!!これは鯨の潮吹き。遠目ではあったが一瞬ジャンプしたようにも見えた。群れで行動しているそうだ。30分ほどに渡り幾度か潮吹きを観察することが出来た。感動だ。

八丈島空港イーストエンド。このあとここから羽田行きのANA便(Boeing737-800)の離陸を見ることが出来た。強風のため30分ほど遅れての離陸であったため、ちょうど良いタイミングでエンドに着いた。

「満天望」人気の宿泊地のようだ。

「満天望」東京都八丈島八丈町大賀郷930-2 
こちらの一階に、リラクゼーションサロン「ハナリマポノ」がある。ここでは本場のハワイアンロミロミを受けることが出来るのだ。めちゃめちゃ魅力的な方の丁寧な施術で、おもわずヨダレ垂らして寝てしまった。

最後、八丈島空港で明日葉ラーメン。

ばいばい、八丈島空港。八丈富士と八丈島空港のロゴとANAの尾翼が、絶妙マッチ。

帰ってきた。海ほたる。

川崎沖の「風の塔」機影が写って印象的だった。

実は今回、ホエールウオッチングツアーを予約していたのだが、悪天候のため中止となった。あの荒天で人間は海に出てはいけないと思う。クジラは喜ぶかもしれないが。そのため「温泉」「食事」「マッサージ」に特化した内容の休暇となった。これはこれで大満足である。東京から一時間で行ける離島、もっと知ってもらいたいと思った。

おまけ。温泉の入場券。地元民は顔認証システムを導入中とのこと。温泉は共通券や、バスチケットと組み合わせの割引チケットもあります。

 

コラム『頑固は病気だ』

福寿草が咲いたので明るくなりました

頑固は、そのまますると生活の幅を狭めてしまいます。生活のルーティーンを固めすぎて抜け出せなくなるのは…病気かも知れません。頑固を病気に至らしめず、そこから自由な世界を見つけようではありませんか。

治療①左右で異なる靴下を履いてみる。治療②ボディシャンプーで髪を洗ってみる(シャンプーで体を洗うでも可)。治療③いつもより2時間早く出勤してみる(別に勤務開始時間まで働かなくて良い)。治療④パンツを裏返しに履いてみる。治療⑤はがきに120円の切手を貼ってみる。

何を言ってるか分からないって?では①~⑤まで実行してみるとよい。できないと感じたら、それは心のブロックです。動作として「できない」項目はないはず。では何故できないか。そこに心のブロックがあるからです。①~⑤を繰り返すうちに、治療の意図が分かるかもしれません。

旅に出ると視野が「ぐぐ~」っと広がりますね。自分で計画を立てて動きましょう。交通機関も宿泊先も自己責任で選びましょう。失敗したり、損したり、時には嫌な目に遭うかもしれません。でもそれって、とても高度な治療なのです。

失敗したり、損したりしないように…と思ってツアーに入ってしまうと、これが何だか治療になりません。集団行動の中で「みんなと一緒じゃなければならない」「迷惑かけちゃいけない」なんて考えてしまいませんか。むしろ心のブロックの原因になってしまいそうな要素が含まれているのです。

ああ、どっか行きたい。出歩きたい病にかかっているようです。