violet7688

旅のこと、時々映画のこと。

八重山諸島⑤波照間島 2021年2月

f:id:violet7688:20210215220139j:plain

石垣島波照間島、船で約80分。

f:id:violet7688:20210215220219j:plain

港の隣がすでに美しい。ニシ浜。広くて設備の整ったビーチ。

f:id:violet7688:20210215220315j:plain

波照間製糖 煙は甘くて良い香り。 〒907-1751 沖縄県八重山郡竹富町波照間418

f:id:violet7688:20210215220431j:plain

波照間製糖 ここにサトウキビを投入する

f:id:violet7688:20210215220528j:plain

果てしなくサトウキビ畑。収穫期のようだ。

f:id:violet7688:20210215220601j:plain

底名溜池展望台 

f:id:violet7688:20210215220701j:plain

日本最南端の碑

f:id:violet7688:20210215220728j:plain

波照間島星空観測タワー 夜になったら星空はさぞかし素晴らしいだろう。南十字星も見えるそうだ。〒907-1751 沖縄県八重山郡竹富町波照間3905

f:id:violet7688:20210215220856j:plain

波照間の相棒はこちら。レンタル ショップ クマノミ 〒907-1751 沖縄県八重山郡竹富町波照間730

f:id:violet7688:20210215220955j:plain

波照間空港。現在は使われていないらしい。

f:id:violet7688:20210215221025j:plain

波照間風力発電所 可倒式の風車で、台風時には畳んでしまうそうだ。頑丈に作ってもここの台風には負けてしまうのであろう。良い発想だと思った。

f:id:violet7688:20210215221242j:plain

なんというか、ひたすらサトウキビ畑。

f:id:violet7688:20210215221309j:plain

道端のヤギさん

f:id:violet7688:20210215221331j:plain

下田原(しもたばる)城跡 15世紀から16世紀にかけての中国の青磁器片が出土していることから、この時期にはすでに築城されていたものと考えられているが、築城の正確な年代や、だれによって築かれたのかは不明である。Wikipediaより

f:id:violet7688:20210215221622j:plain

下田原城跡 グスクの向こうは青い海

f:id:violet7688:20210215221725j:plain

下田原貝塚のそばの海。名前は無いみたいだ。

f:id:violet7688:20210215222047j:plain

ニシ浜再び。原付のキックとスタンドが噛んでしまい、クマノミのおっちゃんに直してもらうので戻ってきた。

f:id:violet7688:20210215222317j:plain

波照間灯台

f:id:violet7688:20210215222350j:plain

怪しいジャングルを抜けると。。。

f:id:violet7688:20210215222455j:plain

その先は「ペムチ浜」美しい。茂みを抜けた瞬間の感動がすごい。

f:id:violet7688:20210215222901j:plain

また別の怪しいジャングルを発見。。。

f:id:violet7688:20210215222950j:plain

ジャングルの先は「ナリサ浜」サンゴのかけらの荒い感触の砂が気持ちいい。

f:id:violet7688:20210215223106j:plain

ナリサ浜。後ろを振り返ると亜熱帯植物がずっと続いている。うっかりすると帰り道が分からなくなりそう。出てきた穴に印をつける必要があるかも。こんなビーチ、多いです。

f:id:violet7688:20210215223309j:plain

別の怪しい道があり。。。その先には。。。

f:id:violet7688:20210215223412j:plain

浜シタン群落らしいが、植物より美しいビーチに直行

f:id:violet7688:20210215223513j:plain

浜シタン群落らしい場所の左側もビーチ。こんな変わった岩がある。

f:id:violet7688:20210215223625j:plain

またこんな場所を通るのか・・・

f:id:violet7688:20210215223736j:plain

通り抜けた先は「ぺー浜」ため息が出るほど美しい。

f:id:violet7688:20210215223823j:plain

「ペー浜」広いので歩き回ってみる。まったく南国の様相。

f:id:violet7688:20210215223912j:plain

波照間航路は荒れるので有名だそうだ。漁船で外洋に出るイメージで乗るべきかなと思った。特に西表島を通りすぎてからは周りに島がなく、うねりが大きくなる。安栄観光の船ではあるけれど、観光の遊覧船とは全く違う。大変貴重な経験になった。